持続可能な生産サイクルを

「サステナビリティ」とは、社会・環境・経済が持続可能な状態のことを表します。2015年に国際社会共通の目標として国連が定めた「SDGs(持続可能な開発目標)」の「S」がこのサステナビリティです。

ハンドループでは、農業や手工業を通じて、生産者との持続可能な経済関係の構築、そしてEM技術を使った循環型の環境保全に取り組んでいます。企業や店舗でハンドループの製品をご利用いただくことで、社会全体でサステナブルな未来に貢献できるよう、高品質な製品を開発しています。

生産者との繋がり(トレーサビリティ)

顔が見える関係

弊社職員がコスタリカの農業大学との連携でEM(有用微生物群)の現地生産、販売を行なっていたきっかけで、2004年に生産者と出会いました。それ以降、生産者と直接取引をし、顔が見えるお付き合いを続けています。

シングルオリジン(単一農園の豆)

小規模な農家が多いコスタリカでは、親族や近隣農家で「マイクロミル(小さな精製所)」と呼ばれる小規模な精製工場を作り、栽培から、水洗処理、乾燥まで一貫管理をする農家が主流です。小規模でコーヒー豆の精製が行うことができるため、他の農園の豆と分けて精製することが可能となり、生産者や農園を特定できます。

環境再生型農業とサスティナビリティ

無農薬栽培

土壌本来の能力を守るために、微生物資材(EM)を利用することにより、生物多様性をまもり、健康な土壌形成を進めます。そのため、化学農薬による慣行農法ではなく、有機農法を主体とした栽培法を選択し、安全で健康に配慮した食料品生産に取り組みます。慣行農法ではない、従来の植物の活力を有した農業生産品の提供を進めるとともに、農家の方々への有機農業、微生物資材の活用法を弊社職員が直接指導しております。

アグロフォレストリー

対象作物だけでなく、人為的に多種の植物を共繁させることにより、陸上部分の生物多様性を強化し、自然本来の持つ抵抗力・免疫を向上させます。自然の免疫が向上することにより、病害に罹患する率が下がりますので、農薬の散布が必要ではなくなります。

また、土壌中にも微生物叢が多様化しますので、自然の森林のような、あたかも人の手が入っていない自然本来の作物生産を可能とするため、採取される自然本来の農産物の提供を可能とします。

有機物の循環

製造過程で排出される有機廃棄物を率先して、堆肥化・コンポスト化します。微生物資材(EM)により、有機物は良質な有機肥料に生まれ変わり、今一度農地に還元されることになります。堆肥やコンポストにも、有用微生物が多く存在しますので、土壌中の生物多様化をさらに推進させることになり、持続型農業の模範となり得るシステムが構築されております。

水資源の循環

農業では、水資源は植物への散水に多く利用されておりますが、慣行農法ですと、化学物質による酸化が進むため、散水時に土壌流出や貧栄養価の問題が発生します。我々は、微生物資材を活用することにより、土壌構造の団粒化および通気性向上を進めており、散水時の土壌流出を低減させております。

また、加工工程において利用される水に関しても、できる限り微生物により汚水処理を徹底し、浄化された水の排出、灌水への再利用を進めております。

持続的なビジネス展開

適正な価格での取引を徹底します。
これは、適切な対価という意味のみならず、適切な価格での取引を行うことで、適切な賃料を農業従事者にも還元できるよう配慮しております。生産品の購入者のみではなく、十分な対価を生産者にお支払いすることで、農業生産を経済的に安定させ、関わりになる人々全てが持続的・発展的に農業を続けることができる素地作りをバックアップしております。

高品質農産物の流通促進

無農薬で安全な食料品を流通させることで、食の安全を担保し、健康的な生活が継続的に行えるよう提案しております。産地・生産者はもとより、加工・流通・物販に至るまでの情報を有しており、必要に応じて開示いたします。

公正な取引(フェアトレードな精神)

生産者が持続的に農業を続けられるように生産者に正当な対価をお支払いしています。それにより、生産者は収穫時に受け入れる季節労働者へ正当な対価や無料宿泊所を提供でき、また彼らが働きやすい環境を作ることで品質の高いコーヒー豆へとつながります。

プライバシーポリシー

個人情報保護方針

私たちEMグループ各社は、EM技術の活用支援、普及活動、EM関連商品の卸・小売業務並びに物流管理業務、宿泊、飲食など各種サービスを営む企業体として、お客様、取引先様および役職員等の個人情報保護への対応は重大な社会的責任であると認識しています。私たちは本人の権利を保護するために、個人情報に関連する法規制等を遵守するとともに、以下に示す方針を定めその保護に努めます。

1. 個人情報の取得・利用

事業の内容及び規模を考慮し、利用目的の範囲に限定した適切な個人情報を取得・利用・提供し、法令等に反する目的外利用をいたしません。個人情報をEMグループで共同利用する場合は、利用目的などの必要事項をできるだけ特定し明らかにします。

2. 個人情報の第三者への開示・提供

以下の場合を除き、ご本人の同意を得ることなく個人情報を第三者に開示・提供することはいたしません。

  1. 個人を識別することができない状態(統計資料等)で開示・提供する場合
  2. 業務上必要な範囲内で、業務委託先に開示・提供する場合
  3. 合併、会社分割、営業譲渡その他の事由によって事業が承継される場合
  4. 法令等に基づく場合
3. 個人情報の安全管理措置

個人情報に対する不正アクセス、個人情報の紛失、改ざん、漏洩などを防止するため、適切な安全対策を講じます。個人情報の取扱いに関する規定を定め着実に実行するとともに、継続的に改善していきます。

4. 法令等の遵守

個人情報の取扱いに関係する法令その他の規範を遵守するとともに、本方針の内容を継続的に見直し改善に努めます。

個人情報の取り扱いについて

私たちEMグループ各社は、EM技術の活用支援、普及活動、EM関連商品の卸・小売業務並びに物流管理業務、宿泊、飲食など各種サービスを営む企業体として、お客様、取引先様および役職員等の個人情報保護への対応は重大な社会的責任であると認識しています。私たちは本人の権利を保護するために、個人情報に関連する法規制等を遵守するとともに、以下に示す方針を定めその保護に努めます。

1. 個人情報の取得・利用

EMグループでは、以下の目的でお預かりした個人情報を利用させていただきます。

  1. お客様およびお取引先に関する個人情報
    EMグループが取扱う商品・サービス提供のため
    EMグループが取扱う商品・サービスに関するお知らせや関連サービス案内のため
    EMグループが行う農業等の技術指導のため
    EMグループが行う会員サービス提供・管理のため
    EMグループが行うアンケートのご依頼、より良い商品・サービスの開発のため
    EMグループが開催するイベント案内のため
    お取引等に関する連絡のため
    お問い合わせ、その他ご依頼等への対応のため
    その他事前にご同意頂いた目的のためお取引等に関するご連絡のため
  2. 採用応募者・従業員管理等に関する個人情報
    採用選考のため
    労務管理のため(健康情報を含む)
    経理業務のため
  3. 施設内に設置する防犯カメラに関する個人情報
    犯罪の防止、施設内の安全の保持のため
2. 上記目的以外の利用

上記以外の目的で個人情報を利用させていただく場合には、ご本人様の同意をいただくものとします。(法令等で認められている場合を除きます)

3. 個人情報の共同利用

預かりした個人情報を次の通り共同利用いたします。EMグループにおける個人情報の共同利用については、下記【EMグループにおける個人情報の共同利用について】をご確認下さい。

4. 個人情報の委託

個人情報の取扱いを委託する場合は、EMグループの基準を満たす委託先に業務を委託します。

5. 個人情報の開示、訂正、利用停止など

自己の個人情報について、開示、訂正、利用停止などの要請があった場合には、ご本人であることを確認の上で対応いたします。

6. 個人情報に関する任意性

個人情報をご提供いただくことは任意ですが、個人情報の不足や誤りがある場合、適切な対応が実施できないことがあります。

7. クッキー(cookie)の利用

当社では、利用者がEMグループのWebサイトを便利に利用していただくために、クッキーと呼ばれる技術を使っています。クッキーとは、インターネットの効率的な運用と利用状況の効果測定のために、ウェブサイトの提供者が、ブラウザを通じてWebサイト訪問者のコンピュータに一時的にデータを書き込んで保存させる仕組みのことです。クッキーの利用により、利用者が使用しているコンピュータを識別できますが、利用者個人を特定する情報は含まれておらず識別はできません。利用者は、ご使用のブラウザの設定により、クッキーの受取を拒否することが可能です。ブラウザの設定方法に関しては,各製造元にお問合せください。

8. 個人情報に関するお問い合わせ

個人情報に関してのお問い合わせ・ご相談・苦情等は、次のお問い合わせ先まで、ご連絡をお願いします。

お問い合わせ先

株式会社EM研究機構
沖縄県中頭郡北中城村字喜舎場1478
代表 Tel.098-935-0202

EMグループにおける個人情報の共同利用について

EMグループは、以下の通りお客様の個人情報を共同利用いたします。

1. 共同利用する会社
  • 一般社団法人EMグループホールディングス
  • 株式会社EM研究機構
  • 株式会社EMウェルネスリゾート
  • 農業生産法人株式会社サンシャインファーム
  • 株式会社EM生活
  • EM生活通販株式会社
  • 株式会社イーエムジャパン
2. 共同利用する利用目的
  • EMグループが取扱う商品・サービス提供のため
  • EMグループが取扱う商品・サービスに関するお知らせや関連サービス案内のため
  • EMグループが行う農業等の技術指導のため
  • EMグループが行う会員サービス提供・管理のため
  • EMグループが行うアンケートのご依頼、より良い商品・サービスの開発のため
  • EMグループが開催するイベント案内のため
  • お取引等に関する連絡のため
  • お問い合わせ、その他ご依頼等への対応のため
  • その他事前にご同意頂いた目的のためお取引等に関するご連絡のため
3. 共同利用する個人情報の項目

氏名、住所、連絡先(電話番号等)、職業・勤務先、購入・利用情報など

4. 共同利用する個人情報の取得方法

電話・FAX・インターネット、申込書・アンケート・その他書面

5. 共同利用の責任者

株式会社EM生活 お客様相談室 個人情報保護管理者 桜井裕征